脱毛に行く時の服装について

脱毛にこれから通う場合は服装について知る必要があります。

脱毛に適した服装を身につけていきましょう。

■基本はどんな服装でも大丈夫

基本的には脱毛サロンへ行く場合の服装はなんでもOKです。例えばですが産婦人科の検診を受ける場合にはワンピースを選ぶ人は多いのですが、下着を脱ぐだけで済むという理由からワンピースを選びます。脱毛でも確かにワキ脱毛を受けるなら、すぐに脇を出すことができるノースリーブやキャミソールを着ていればすぐに受けることが出来るでしょう。しかしこれはワキだけを受ける人ならそうかもしれませんが、全身脱毛を受ける場合には、大半が現地で用意されている専用の施術着に着替えて受けることになりますのであまり関係がないのです。強いて言えば、着替えるときに時間がかからない服を選ぶという程度で、施術を受けるからこの服装を着て行かなければいけないということはないのです。ですから仕事帰りや遊びの帰り、行く前に好きな服装で通うことができます。

■紫外線予防の服装がいい

着替えや施術を受けることを考えた場合はそれほど服装は気にしなくてもいいと先ほど紹介しました。しかし施術後はできれば紫外線を受けないほうが安心ですので、紫外線を避ける服装をする必要があるでしょう。脱毛後は肌がとても敏感ですので、紫外線に晒して家に帰るというのはとても危険です。脱毛後に露出の高い服装を着ていると紫外線に晒してしまいますので、UVカットの長そでや、UVカットではなかったとしても長そでを用意したり日傘、サングラスなどを用意して紫外線防止に努める必要があるでしょう。特に夏に脱毛に通うという場合は紫外線への配慮が必要です。

基本的にはサロンでもクリニックでも特に心配する服装というのはありませんが、もし指定がある場合には、カウンセリング時に伝えてくれるはずです。気になる人は服装について質問をしてみてもいいかもしれません。きっと答えてくれるはずですし、安心して通えます。