脱毛サロンでの断り方について

脱毛サロンやクリニックに体験に行って合わないと思って断りたい場合はありますね。

ここでは断り方について見ていきましょう。

■勧誘がひどくて断れないことも

美容業界全般にあることなのですが、あまりにも加入がひどいので断りたくても断れないこともあります。しかし最近は改善されてあまり激しい勧誘は避けるところも増えつつあります。ワンコイン体験やキャペーンなどで一度試しに受けただけなのに、その場で契約をしてもらおうと必死になるスタッフがいた場合に断りにくいですね。やはり改善されたといってもしつこい勧誘をしているサロンはあります。

■お金がないと言って断る

断り方の一つとしてお金がないと言って断ることもできます。主婦などは自由になるお金がないといえばいいでしょう。学生はバイトを辞めたばかりでお金がないと言って逃げることもできるでしょう。脱毛の値段はサロンの場合はリーズナブルで手頃な価格とは言われていますが、それでも数万円以上はしていますのでとても高いでしょう。クリニックは何十万円もする施術もありますので、ちょっとやそっとのお金では受けることができないのです。サロンスタッフも、お金がない人に勧誘したとしても仕方がありませんので、勧誘を諦めると思います。脱毛サロンでの顧客シートへの記載は職業欄に無職、専業主婦とあらかじめ書くことをおすすめします。学生と書くのもいいでしょう。

■自分では決められないと断る

次の方法は自分には独断で決める権限がないと言って断ることも方法の一つです。例えば親に出してもらうのでまずは親に相談をする、夫に言わなければいけないので夫に相談をしてから、今日は契約できないので帰る、これらを言えば無理にとはいくらなんでも言えなくなります。

お金がない、決める権限がない、この二つは、断る理由としてはベストと言えるので、是非利用してみるといいでしょう。大半のケースで勧誘をしてこなくなるでしょう。