脱毛に行く時の服装について

脱毛にこれから通う場合は服装について知る必要があります。

脱毛に適した服装を身につけていきましょう。

■基本はどんな服装でも大丈夫

基本的には脱毛サロンへ行く場合の服装はなんでもOKです。例えばですが産婦人科の検診を受ける場合にはワンピースを選ぶ人は多いのですが、下着を脱ぐだけで済むという理由からワンピースを選びます。脱毛でも確かにワキ脱毛を受けるなら、すぐに脇を出すことができるノースリーブやキャミソールを着ていればすぐに受けることが出来るでしょう。しかしこれはワキだけを受ける人ならそうかもしれませんが、全身脱毛を受ける場合には、大半が現地で用意されている専用の施術着に着替えて受けることになりますのであまり関係がないのです。強いて言えば、着替えるときに時間がかからない服を選ぶという程度で、施術を受けるからこの服装を着て行かなければいけないということはないのです。ですから仕事帰りや遊びの帰り、行く前に好きな服装で通うことができます。

■紫外線予防の服装がいい

着替えや施術を受けることを考えた場合はそれほど服装は気にしなくてもいいと先ほど紹介しました。しかし施術後はできれば紫外線を受けないほうが安心ですので、紫外線を避ける服装をする必要があるでしょう。脱毛後は肌がとても敏感ですので、紫外線に晒して家に帰るというのはとても危険です。脱毛後に露出の高い服装を着ていると紫外線に晒してしまいますので、UVカットの長そでや、UVカットではなかったとしても長そでを用意したり日傘、サングラスなどを用意して紫外線防止に努める必要があるでしょう。特に夏に脱毛に通うという場合は紫外線への配慮が必要です。

基本的にはサロンでもクリニックでも特に心配する服装というのはありませんが、もし指定がある場合には、カウンセリング時に伝えてくれるはずです。気になる人は服装について質問をしてみてもいいかもしれません。きっと答えてくれるはずですし、安心して通えます。

脱毛サロンでの断り方について

脱毛サロンやクリニックに体験に行って合わないと思って断りたい場合はありますね。

ここでは断り方について見ていきましょう。

■勧誘がひどくて断れないことも

美容業界全般にあることなのですが、あまりにも加入がひどいので断りたくても断れないこともあります。しかし最近は改善されてあまり激しい勧誘は避けるところも増えつつあります。ワンコイン体験やキャペーンなどで一度試しに受けただけなのに、その場で契約をしてもらおうと必死になるスタッフがいた場合に断りにくいですね。やはり改善されたといってもしつこい勧誘をしているサロンはあります。

■お金がないと言って断る

断り方の一つとしてお金がないと言って断ることもできます。主婦などは自由になるお金がないといえばいいでしょう。学生はバイトを辞めたばかりでお金がないと言って逃げることもできるでしょう。脱毛の値段はサロンの場合はリーズナブルで手頃な価格とは言われていますが、それでも数万円以上はしていますのでとても高いでしょう。クリニックは何十万円もする施術もありますので、ちょっとやそっとのお金では受けることができないのです。サロンスタッフも、お金がない人に勧誘したとしても仕方がありませんので、勧誘を諦めると思います。脱毛サロンでの顧客シートへの記載は職業欄に無職、専業主婦とあらかじめ書くことをおすすめします。学生と書くのもいいでしょう。

■自分では決められないと断る

次の方法は自分には独断で決める権限がないと言って断ることも方法の一つです。例えば親に出してもらうのでまずは親に相談をする、夫に言わなければいけないので夫に相談をしてから、今日は契約できないので帰る、これらを言えば無理にとはいくらなんでも言えなくなります。

お金がない、決める権限がない、この二つは、断る理由としてはベストと言えるので、是非利用してみるといいでしょう。大半のケースで勧誘をしてこなくなるでしょう。